ショットブラストの価格は?見積り次第で短納期発注やコストカットが可能

ショットブラストとは、主に塗装前の鋼材に対して行う、サビの進行を抑え塗装を長持ちさせるための下地処理のことです。ショットブラストはインターネットなどでいくら検索してもはっきりとした単価は出てきません。これはショットブラストがいくつかの要素によって納期や価格が変動するものだからです。

こちらでは、ショットブラストの見積り価格がどのように決まるのか、コストカットして低価格で発注することはできるのかをご紹介いたします。

コストカットを目指す方必見!ショットブラストを低価格で発注するには?

Must-see for those

ショットブラストを低価格で発注する方法はあるのでしょうか。ショットブラストはいくつかの要素によって価格が変動します。その主な要素とは、地域差・市場・仕様・納期・輸送方法と距離の5つです。

価格に影響する要素の中から発注者側で調整できるものがあれば、できる限り調整することによって低価格で発注できます。例えば仕様に関しては、使用する塗料を指定するのではなく加工会社に任せる、納期に関してはなるべくゆとりを持って依頼することなどが挙げられます。

また、輸送方法と距離に関していうと、輸送距離の長さはコストとしてそのままショットブラストの価格に跳ね返ってきます。そのため、コストカットして低価格で発注するためには、輸送距離ができるだけ短くなるよう納入先近くの工場に加工を依頼するといった工夫が必要です。

ショットブラストの価格はどのように決まる?

上述したようにショットブラストの価格は主に地域差・市場・仕様・納期・輸送方法と距離という5つの要素によって変動します。こちらでは、それぞれの要素についてもう少し詳しく見ていきましょう。

地域差

鋼材などの価格が地域によって差があるように、ショットブラストの価格も地域によって差があるため価格が変動し、地域差が生じます。

市場

市場というのは、ショットブラストによって加工した鋼材などをどのようなものに使用するのかということです。建築や造船、橋梁などその対象となる市場によって価格が変わってきます。

仕様

ショットブラストの価格は加工する仕様によっても変動します。例えば使用する塗料の指定などがあると塗料の調査に時間がかかって納期に影響したり、加工費用が上がったりして価格が変動するのです。

納期

納期に関しては、ゆとりのある納期であれば低価格の発注も可能ですが、逆に短い納期での依頼は各種調整が発生するため割増料金となります。

輸送方法と距離

輸送距離はその長さに比例してコストとして価格に跳ね返ってきます。そのため、発注の際はできるだけ輸送距離が短くなるよう工夫が必要です。

見積り完了までの時間を短縮する方法

How to reduce the time to complete a quote

ショットブラストに限らずどのような仕事を依頼する場合でも、まずは見積りを依頼するのが一般的です。問い合わせから見積り書が手元に届くまでの時間を短くすることで、発注までの時間を短縮することができます。

こちらでは、見積りを依頼してから完了するまでの時間を短縮する方法についてご紹介しましょう。

見積りを早く出してもらうためには、発注する側が案件に関する資料を用意して提供しておくことが大切です。例えば、施工対象明細や対象となる構造物の図面、写真を事前に資料として提供しておけば何度もやり取りする必要がなくなり、手間が省けます。

また、ショットブラストの加工だけでなく塗装まで依頼する場合は、塗料を指定せず加工会社に任せた方が調査に時間がかからないため、見積り完了までの時間を短縮することができます。

ショットブラスト加工を短納期で依頼する方法

ショットブラスト加工を短納期にするには、上述した見積り完了までの時間を短縮して素早く発注することを含め3つの方法があります。こちらでは、残り2つの方法についてご紹介しましょう。

輸送時間の短縮

輸送時間の短縮はショットブラストの低価格発注につながるだけでなく、ショットブラスト加工の短納期にもつながります。輸送時間を短縮するためには、なるべく納入先から近い工場に加工を依頼することが大切です。輸送距離が短くなれば輸送時間を短縮できるうえにコストカットもできます。

発注先の実作業時間を短縮

発注先の実作業時間を短縮できれば、ショットブラスト加工の短納期も可能です。発注先の実作業時間を短縮するためには、鋼材を一定の長さに集約して手配するといいでしょう。発注先がロット仕分けをする必要がなくなるため、実作業時間を短縮することができ、短納期が可能になります。

ショットブラストを低価格や短期加工で発注することも可能

ショットブラストの価格は、地域差・市場・仕様・納期・輸送方法の5つの要素が影響します。コストカットして低価格で発注するためには、輸送距離や時間を短縮する、塗料を指定せずに発注先の業者に任せるといった工夫をすれば実現が可能です。また、輸送距離や時間の短縮、塗料を発注先業者に任せることはショットブラスト加工の短納期にもつながるでしょう。

短期間での加工をご希望の場合は、一度株式会社SKブラストへご相談ください。

ショットブラストをコストカットして低価格で発注する方法を中心にご紹介いたします!

会社名 株式会社 SKブラスト
住所 〒960-1636 福島県相馬郡飯舘村前田古今明220
TEL 0244-42-1083
FAX 0244-42-0584
URL https://sk-blast.com/
設立 2019年6月21日 法人化
役員
  • 代表取締役 佐藤 健太
  • 取締役 佐藤 竜平
  • 取締役 佐藤 祥子
資本金 300万円
事業内容 公共事業に使用される海岸消波ブロック、護岸ブロック、ブロック二次製品の金属型枠のショットブラスト・サンドブラストを利用した錆落とし、防錆塗装並びに保守を主なサービスを行っております。新たに導入した移動型循環式ブラストにより構造物(橋梁、インフラ設備、プラント設備(発電所))での作業が可能となりました。またテトラ関連の雑貨品の販売をはじめました。

パートナー企業募集

詳しくはこちら

電話でのお問合せ 電話:0244-42-1083 Webからの お見積り・お問い合わせ