サンドブラスト加工とは?用途から加工機械の種類・選び方までを解説

サンドブラスト加工とは、砂などの研磨剤を吹きつける表面加工処理技術の一つで、幅広い製品の製造過程で用いられている工法です。ステンレスやチタン、アルミ、鉄などの金属やガラスなどの表面に特殊な加工を施すことで、オリジナリティあふれるデザインに仕上げられます。

こちらでは、個人で行うこともできるサンドブラスト加工の用途、加工機械の種類や選び方をご紹介いたします。

株式会社SKブラストでは、工業用のタンクやコンクリートホッパー、金属パネルをはじめ、ダンプカーの荷台のメンテナンス、ボルトのさび落としなど、様々なブラスト加工・処理に対応可能です。サンドブラスト加工・処理などの依頼先をお探しの方は、お気軽にご連絡ください。

サンドブラスト加工は表面加工処理技術「ブラスト」の一種

株式会社SKブラストがサンドブラスト加工について解説

サンドブラスト加工とは、研磨剤を吹きつける表面加工処理技術「ブラスト」の一種です。かつてこの方法では、金剛砂という砂の一種が研磨剤として使用されていましたが、現在ではアルミナやガラスビーズなどを使用するのが一般的となっています。

サンドブラスト加工ではコンプレッサーという機械を用いるのが一般的で、これにより凹凸のある独特な処理を施すことが可能です。この加工方法が考案されたのは1870年代のアメリカといわれており、当時この技術は船のサビ除去を主な目的としていました。その後、この技術は加工技術として広く認識されるようになり、現在では製品の加工現場などで広く用いられています。

サンドブラスト加工の用途とは?

株式会社SKブラストがサンドブラスト加工の用途について解説

サンドブラスト加工の主な用途は、研磨剤を吹きつけることによる表面加工ですが、この加工処理技術の用途はさらに細分化することができます。その一つが下地処理です。

サンドブラスト加工には表面処理の密着性を高める効果があり、加工過程の最初の段階で多く採用されます。対象物の表面積が増大するサンドブラスト加工のアンカー効果により、接着剤や塗料がより付着しやすくなります。

また、バリ取りもサンドブラスト加工の用途の一つです。「バリ」とは金属などの加工時に発生する余分な突起物のことで、この加工処理技術では不要な部分の除去も可能なため、リサイクルの現場で活用されることも珍しくありません。

サンドブラスト加工の用途には、これら以外にも「錆落とし」「汚れ落とし」「ツヤ消し」「塗装剥離」「摩擦抵抗の低減」「装飾」「耐久性の向上」などがあり、幅広い現場でその技術が利用されています。

サンドブラスト加工機械の種類

サンドブラスト加工で使用する機械には主に以下の種類があります。

重力式

重力式の加工機械は最も一般的で広く使用されています。このタイプの加工機械は重力を利用して研磨剤を吹きつける仕組みになっており、比較的簡単に使用することが可能です。

吸引式

吸引式の加工機械は機械の吸引力を利用して研磨剤を吹きつける仕組みになっており、こちらも比較的簡単に使用することが可能です。また、このタイプの加工機械は吸上式・自吸式などと呼ばれることがあります。

加圧式

内部に加圧タンクを搭載しており、それを利用して圧力を加えることで研磨剤を吹きつける仕組みになっている加工機械を加圧式と呼びます。この種類の加工機械は直圧式と呼ばれることもあるので知っておきましょう。

ブロワ式

上述した3つはコンプレッサー式の加工機械であり、ブロワ式は送風機を利用して研磨剤を吹きつける点が大きな違いです。この種類の加工機械は電気代を節約できるという点がメリットです。

>> 株式会社SKブラストの設備について

サンドブラスト加工機械の選び方

サンドブラスト加工機械の選び方で重要なのが、「何を目的として、どのような点を重視するか」という点です。例えば、使いやすさを重視するのであれば重力式、もしくは吸引式のものを選ぶとよいでしょう。

一方、加圧式(直圧式)は若干使いにくいものの、仕上がりが綺麗になるというメリットがあることから、クオリティを重視したいという方におすすめです。コストパフォーマンスを重視したい場合には、ブロワ式を選ぶとよいでしょう。

サンドブラスト加工の安全対策と設備のポイント

サンドブラスト加工を安全に行うためには、適切な安全対策と設備が欠かせません。特に、ブラスト加工に使用される研磨剤は高圧で吹き付けられるため、作業者には十分な保護が求められます。以下では、サンドブラスト加工における安全対策と必要な設備について詳しく解説します。

まず、安全対策の一環として、防護服や防護マスクの着用が必須です。研磨剤が飛散する環境での作業では、皮膚や呼吸器を保護するために防護服と防護マスクを着用することが重要です。また、手袋や耳栓も使用することで、手や耳の保護も確実に行います。

次に、作業環境の整備も重要です。サンドブラスト加工を行うエリアは、専用の加工室やブースを設けることで、研磨剤が他の場所に飛散するのを防ぎます。加工室内は適切な換気システムを導入し、有害な粉塵を効果的に排出することが求められます。

さらに、ブラスト加工に使用する機械自体の安全性も確保する必要があります。例えば、加圧タンクを使用する加圧式の機械では、タンク内の圧力を定期的にチェックし、異常がないか確認することが大切です。また、機械のメンテナンスを定期的に行い、故障や事故のリスクを最小限に抑える努力が求められます。

最後に、作業者の教育と訓練も欠かせません。サンドブラスト加工は専門的な技術が必要とされるため、作業者には定期的な教育と実技訓練を行い、安全な作業方法を徹底させることが重要です。これにより、事故のリスクを減少させ、作業の効率も向上させることができます。

サンドブラスト加工における安全対策と必要な設備を十分に理解し、適切な対策を講じることで、作業環境の安全性を高めることが可能です。

タンクや金属パネルへのサンドブラスト加工・処理のご依頼は株式会社SKブラストへ

錆落としの方法として考案されたサンドブラスト加工は、現在では幅広い用途に対応できる加工方法として様々な現場で用いられています。この加工処理で使用する機械には主に4つの種類があり、用途や目的に合うものを選ぶとよいでしょう。

株式会社SKブラストでは、大型タンクやコンクリートホッパーといった工業用のブラスト処理はもちろん、鹿の角の表面にある沈着物のブラスト処理など、幅広いサンドブラスト処理・加工を行っております。各種金属のサンドブラスト加工処理をご希望の方はお気軽にご相談ください。

お電話:0244-42-1083(営業時間8:00~17:00)

各種金属のサンドブラスト加工・処理のご相談なら株式会社SKブラスト

会社名 株式会社 SKブラスト
住所 〒960-1636 福島県相馬郡飯舘村前田古今明220
TEL 0244-42-1083
FAX 0244-42-0584
URL https://sk-blast.com/
設立 2019年6月21日 法人化
代表者
  • 代表取締役 佐藤 健太
資本金 300万円
事業内容 公共事業に使用される海岸消波ブロック、護岸ブロック、ブロック二次製品の金属型枠のショットブラスト・サンドブラストを利用した錆落とし、防錆塗装並びに保守を主なサービスを行っております。新たに導入した移動型循環式ブラストにより構造物(橋梁、インフラ設備、プラント設備(発電所))での作業が可能となりました。またテトラ関連の雑貨品の販売をはじめました。

パートナー企業募集

詳しくはこちら

電話でのお問合せ 電話:0244-42-1083 Webからの お見積り・お問い合わせ