バキュームブラストの施工における工法や表面処理に関する用語特集

バキュームブラストの施工では、表面処理の仕方や工法に専門用語がよく使われます。簡単な用語だけでも覚えておけば、スムーズに施工も進みますし、バキュームブラストの相談もしやすくなります。今回は、バキュームブラスト工法、ブラスト加工の施工でよく登場する用語とその意味を見ていきましょう。

サビ落としや表面処理に最適!ブラスト加工・バキュームブラスト工法による施工でよく使われる用語特集

サビ落としや表面処理に最適!ブラスト加工・バキュームブラスト工法による施工でよく使われる用語特集

バキュームブラスト工法は、表面処理がメインの工法です。以下に、バキュームブラスト工法の施工によく登場する用語とその意味を解説します。バキュームブラスト工法の施工について理解を深めたい方の参考になりましたら幸いです。

消波・根固ブロック用型枠

根固ブロック用型枠とは、海岸などに寄せる波の力を分散させる、または消失させるブロックを指します。水流を弱くするのはもちろんですが、環境にも優しい施工としても人気があります。

ケレン作業

ケレン作業とは、鉄部への塗料の付着をよくするために行われる作業です。バキュームブラスト工法だからこそできる表面塗装工法でもあり、高い技術力が要求されます。特に鉄部は塗料の付着力が弱いので、ケレン作業が重要となります。ケレン作業は1~4種までタイプ別に分かれており、1種ケレンはブラスト法により、サビや汚れなどを除去して付着力を高める施工です。

ダスト

ダストはバキュームブラスト工法の施工時に出る、粉塵などのごみを指します。特にエアブラストの場合は乾式の工法なので、廃液の設備や処理が必要ありません。非常にダストが出にくい工法となっています。

ピーニング

ピーニングは、研削を主体としない噴射加工の一種です。ブラスト加工では、よくショットピーニングという工法が使われます。一方ピーニングは、小粒のショットを高圧エアで高速投射することで表面塗装する技術を指します。バキュームブラスト工法でもよく用いられる施工方法です。

精密鏡面ブラスト

精密鏡面ブラストは、独自の精密ラッピング技術を使い、表面を鏡のようにきれいにする工法を指します。

アンカー(船の錨)効果

アンカー効果とは、接着剤が被着材表面の穴やすき間に入り込み、そこで固化させることを狙った効果を指します。フックの返しが食い込むような形をしていることから、錨(いかり)=アンカーと呼ばれます。

梨地効果

梨地効果とは、表面に無数の凹凸を作り、梨のような肌地にする施工を指します。塗装やメッキの下地処理など、仕上げの部分で使われる表面処理の一種です。バキュームブラストでもよく使われる工法で、使う素材によってはバリも同時に削除できるのが魅力です。

フロスト加工

フロスト加工とは、ガラス素材によく使われる加工法です。透明ガラスの表面にサンドブラストをかけ、透明感のある凸凹を出す工法になります。フロスト加工のガラスに似た工法に、サンドブラスト加工があります。サンドブラスト加工をしたガラスは、フロスト加工のガラスより白く濁るので、目立つ模様にしたい場合はサンドブラスト加工を選ぶとよいでしょう。

バキュームブラスト工法だけでなく、全般的なブラスト加工用語をご紹介しましたので、ぜひ覚えておきましょう。株式会社SKブラストでは、公共事業に使用されるブロックをはじめ、ブロック二次製品の金属型枠などのブラスト加工を行っております。ブロックや金属のサビ落としや防錆塗装を検討されている方は、株式会社SKブラストをぜひご利用ください。ブラスト加工のプロとして、丁寧に施工いたしますのでお任せください。

バキュームブラスト工法における施工の安全対策とその重要性

バキュームブラスト工法は、多くの利点を持つ表面処理法ですが、安全対策を怠ると重大な事故につながる可能性があります。ここでは、バキュームブラスト工法を安全に施工するための基本的な対策とその重要性について解説します。

作業環境の整備

バキュームブラスト工法を行う際には、作業環境の整備が重要です。作業エリアは清潔に保ち、不要な物を撤去することで事故を防ぎます。また、作業場には適切な換気設備を設置し、粉塵や有害物質の拡散を防ぐことが求められます。

防護具の着用

作業員の安全を確保するためには、防護具の着用が必須です。ヘルメット、ゴーグル、耳栓、防塵マスク、手袋などを使用し、身体を保護します。特に防塵マスクは、粉塵の吸入を防ぐために重要です。

機械の点検と保守

バキュームブラスト機械の定期的な点検と保守は、安全施工の基本です。機械の故障や不具合は重大な事故を引き起こす可能性があるため、使用前には必ず点検を行い、異常がないか確認します。また、定期的なメンテナンスを行うことで機械の寿命を延ばし、安全性を保つことができます。

作業手順の遵守

バキュームブラスト工法には、厳密な作業手順が存在します。作業員はこれを厳守し、自己流の手順や省略を避けることが求められます。作業手順を守ることで、施工の品質を保ちつつ安全性を確保することができます。

緊急時の対応策

緊急時の対応策を事前に準備しておくことも重要です。万が一の事故やトラブルに備え、緊急連絡先や避難経路を確認しておくことで、迅速な対応が可能となります。作業員全員で定期的に避難訓練を行い、緊急時の対応力を高めておくことが推奨されます。

教育と訓練

最後に、安全対策の基盤となるのは、作業員への教育と訓練です。新たに作業を開始する際には、安全に関する教育を徹底し、定期的に訓練を行うことで、作業員の意識を高めることができます。また、安全管理者を配置し、常に安全対策が徹底されているか確認することも重要です。

バキュームブラスト工法を安全に施工するためには、これらの対策を怠らずに実施することが不可欠です。安全な作業環境を整え、質の高い施工を行うことで、トラブルを未然に防ぎ、効率的かつ安全なブラスト施工を実現することができます。

>> 株式会社SKブラストの施工事例はこちら

バキュームブラスト工法による表面処理や施工の依頼は株式会社SKブラストへ

バキュームブラスト工法など各種ブラスト施工・ケレン処理のご相談はお任せください

バキュームブラスト施工を業者に依頼するとき、専門用語がわからなくて困ってしまうこともあるでしょう。専門用語を知っておけば、業者の説明を受けても理解できて工事もスムーズに進みます。簡単な用語だけでも、ぜひ覚えておきましょう。

ブラスト施工の依頼なら株式会社SKブラストへご連絡ください。ショットブラストやサンドブラスト、バキュームブラストといったブラスト加工を行っております。汚れ・サビ落とし、摩擦抵抗の低減・塗膜の密着性の向上、表面処理など、各種ブラスト施工のご相談でしたらぜひ株式会社SKブラストにお任せください。

バキュームブラスト工法による施工をはじめ表面処理のご依頼なら株式会社SKブラスト

会社名 株式会社 SKブラスト
住所 〒960-1636 福島県相馬郡飯舘村前田古今明220
TEL 0244-42-1083
FAX 0244-42-0584
URL https://sk-blast.com/
設立 2019年6月21日 法人化
代表者
  • 代表取締役 佐藤 健太
資本金 300万円
事業内容 公共事業に使用される海岸消波ブロック、護岸ブロック、ブロック二次製品の金属型枠のショットブラスト・サンドブラストを利用した錆落とし、防錆塗装並びに保守を主なサービスを行っております。新たに導入した移動型循環式ブラストにより構造物(橋梁、インフラ設備、プラント設備(発電所))での作業が可能となりました。またテトラ関連の雑貨品の販売をはじめました。

パートナー企業募集

詳しくはこちら

電話でのお問合せ 電話:0244-42-1083 Webからの お見積り・お問い合わせ